500万円の”罰ゲーム”

9月 3rd, 2014

このたび巨人の村田修一内野手が、家族にある公約を立てたそうです。
その公約とは、残り37本となっている「本塁打300本」を来年で達成することです。
1年で本塁打37本は、かなり厳しい数字と考えられますが、一大決心をして夫人と2人の
子供たちの前で誓いました。

「今季は本塁打12本と恥ずかしい数字だったので、来年は見返してやる」という気持ちで
公約を立てたそうです。

その証拠に、すでに来季の本塁打王奪回を宣言しています。
「一番近くにいるファンは家族。
その家族を一度でも多く喜ばせることが、大黒柱としての役目」
と父親としての威厳を示したい様子です。

しかし、この公約が達成できなかった場合には”罰ゲーム”が待っているそうです。
「来年300号を達成できなかった場合、両親を含めた家族全員を1ヵ月間ハワイ旅行に
連れて行く」という”総額約500万円にもなる罰ゲーム”です。年俸2


Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

Name (必須)

Email (必須)

ウェブサイト

Speak your mind

  • About

    This is an area on your website where you can add text. This will serve as an informative location on your website, where you can talk about your site.

  • Blogroll
  • Admin